まず、はじめにCloud9というチームについて。



Cloud9は現在League of legendsの北米のリーグでえる、NA LCSに出場しています。
過去に二度NAで優勝を飾った強豪チームで、2013、2014そして2015とWorld ChampionShipにも出場してきます。

現在普段試合に出ているメンバーは
TOP:Balls
JG:Hai
MID:Incarnati0n
ADC:Sneaky
SUP:LemonNation
の五人です。(選手への敬称は省略させていただきます)
また、それぞれの選手の詳細は追って記事を書くのでここではおいておきます。
Incarnati0n以外は2013から2015年春までずっと同じメンバーで戦ってきたチームでそれは数あるチームのなかでも大変珍しいことです。
多くのチームはパフォーマンスの改善のためスタープレーヤーを引き抜いたり、新たなメンバーを試したりしますが、彼らはずっと同じメンバーでした。勿論現在もほとんど変わっていません。大きな事情があり少し変化はありましたが。

それについて少しお話をします。
前はJGにMeteos、MIDに現在のJGであるHaiがついていました。しかし、今年の春、Haiが手首の痛みを訴え継続が困難だと判断し一線を退くことを決断したため、EUでSoloQランキング1位であったこともあるよくうな実力の持ち主でありながら、過去の悪行によりプロリーグに参戦することが出来なかったIncarnati0nが遂にプロリーグへの参戦を許され、Cloud9に加入、夏からHaiと交代をしました。

しかし、Haiが抜けたCloud9は低迷し絶不調に陥ります。何故なら彼はチームの司令塔でした。Callerと呼ばれる決断やドラゴン、バロンのコールなどをする役割を担っていました。二年以上頼りにしていた、Callerが居なくなったチームは当然バラバラになってしまいました。

JGのMeteosがチームの状況改善のためにと自らの意思で外れ、HaiがJGとして復帰します。
手首の調子がどうなっていたかは私にはわかりませんが、プレイしていてわかる分で考えるとJGだと少し操作量は減るため庇いながらでもプレイが可能だという判断でしょう。

その後Cloud9は少しずつ復活を果たし今World championshipで活躍をしています。




Cloud9の魅力はやはりチーム力です。このチームにはTSMのBjergsen、SKTのFaker、OGのxPekeのようなチームの顔となるような一人のスタープレーヤーが居るわけではありません。ですが、各レーナーはそういうスタープレーヤー達と張り合う実力を持ち、さらに彼らはお互いにフォローしあいながら試合を順調に進めていきます。そして、集団戦での連携は素晴らしく、皆が信頼しあって動いているように見えます。
彼らの試合を観ていればわかりますが序盤に少し相手チームに押されたりする場面をよく見ますが、集団戦での彼らは凄く強く、相手の隙をみつけると一気に畳み掛けます。


そして、現在のC9でもうひとつ魅力なのがメタにとらわれない自由なB/Pです。WCSでも一戦目にいきなり不思議なB/Pをしてびっくりさせていました。不思議なといっても、勿論しっかり考えられていますのでただソロQ気分で選んでいるわけではありません。



と、すこし色々と書きましたがCloud9はとても魅力的で応援の楽しいチームです。皆さんも是非一緒に応援しましょう!





あとがき
初めてブログというもので記事を書き、またLOL歴もかなり短いため何をいってるんだと言われるような部分があるかもしれません。その場合はどんどん指摘していただけるとありがたいです。